ゆっくり優歩

「ゆっくり優歩」&「yasappoの詩」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの日から…

ご無沙汰しておりますが、
あの日からの近況です。

巨大な地震・・
東京にいても怖かったです。

あの日…
夫は朝の5時に泊りの仕事に出かけ、
娘は会議のためいつもよりかなり早出で六本木に・・
夕飯はいらないとの事・・
それならば久しぶりにデジカメもって出かけようと・・

少し遠出を考えたものの12月からほとんど家にいたため
何となく…近場を選びました。
スカイツリーを撮りに行くつもりで出ましたが、
電車に乗ってからふと…別のもう少し近場の土手へ・・
頭の中で『ここ』で撮ってから『あそこ』へ行って、
駅ビルでパン屋二軒・惣菜屋によって帰るとのコースが出来上がりました。

『ここ』から『あそこ』へと移り、写真を撮り終わった時、
突然脚がどうにもこうにも痛くなり、困り果ててタクシーで駅へ行きました。
降りてから駅ビルでの買い物は…やはり無理だと判断し、
ホームに行くと電車が止まってました。
ほんの少しのホームの幅が急げずにいると、
後ろから私を追い抜いた高校生がドアに半身で立っていて、
私が乗ると同時に中に入り…彼は私のために半身でいたのだと気が付きました。
お礼を言うと「本当はいけないんだよね・・」と言った笑顔が今でも思い出されます。

下車駅につき駅を出たところであの地震にあい、
とても怖く不安で居合わせた数人で一緒にしゃがみこんでいました。

やっとの思いで自宅に着くとご近所さんはみな外に出ていました・・
夫や娘となかなか連絡が取れませんでしたが、
無事を確認できてほっとしたのも束の間・・
娘は帰宅困難者となり、なかなかつながらないメールに不安は募るばかりでした。
夜中にやっと会議室に泊まるとの連絡に安堵しました。

ふり返れば・・
遠出していたら…
脚が痛くならなかったら…
少し無理して駅ビルで買い物していたら…
私自身も帰宅困難者になっていたはず

あの高校生が半身になって乗せてくれなかったら、
次の電車で数時間は閉じ込められていたはず

そのどちらも私にとっては恐怖です。
いろいろなことに助けられて無事家についていることに感謝感謝でした。
「夜怖かったらいつでも電話してね」と言ってくれた友人・・
メールをくれたたくさんの友人・・
暖かい心に涙の夜でした。



なにかが怖くて…
不安感でいっぱいで…
眠れぬ夜を過ごしています。

地震の恐怖?
電車への恐怖??
一人取り残される恐怖??

ふと…
メンタル面の薬が残り少ないことに気づきました。
この薬を処方してもらっているクリニックは、
電車では4回乗り換えがあり今の運行状況では無理です。
道路状況・ガソリン状況を考えるとこれも無理か~・・



東京ではスーパーに物がなくなってます。
今日はこんな感じ・・
11-03-18-1.jpg

テレビでは「いつもの倍出荷している」と某大臣が言ってましたが、
いやいや…まったく入荷しません。
停電があるからか「生もの」は残っていますが、
日持ちするものはまったくありません。
被災地優先はもちろんですが、
ご年配の方で困ってらっしゃる方も…

昨日は2度の計画停電・・
今日は18時20分から22時の間の3時間・・
我が家の暖房は電気のみなので震えてますが、
被災地の事を考えると贅沢なことです。
でも…正直に言えば寒いです^^;

幸いなことに遠くの友人がたくさんの食料を送ってくれました。
近所の友人にも分けて、みんなで感謝しながらいただいてます。
また別の友人は使い捨てカイロを送ってくれました。
節電で体は冷えているけれど、心はほんわか…ほんわか…

| 未分類 | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。